2022年10月17日

売れるジャンルの体験談や実績がないと、そもそも執筆できません。

売れるジャンルの体験談や実績がないと、
そもそも執筆できません。
そして一朝一夕では読者を増やせない。
無名だったり、認知度が低い人は、
出版しても読まれません。

1章 執筆テーマの作り方
ファッションで成功するには

2章   表紙は重要
表紙は原案を自分でまとめる、自分でできなければ
プロに依頼する。
表紙は、自分でもできます。

3章 タイトル作り方
わかりやすいタイトル
服飾がわかる事典
15冊出版していますが、服飾がわかる事典、
立体裁断と平面パターン、アパレルソイング用語集など
わかりやすいタイトル。

4章 原稿完成までの7段階のステップ
原稿を書く前に、各章の題目を1章〜10章程度まとめてみる。

5章 読みやすい文章作り 
難しい言葉は避ける

6章 誤字脱字チェック
できれば校正の専門のプロに依頼する

7章 売り上げ向上の販促方法
販売会社と契約。自分でインターネットで
ブログなどで宣伝。

8章  初心者の悩みQ&A
原稿以外は、外部の協力を得ること。
自分は、一般の有名出版社から本を出していますので、
出版社との取り組みは勉強になりました。
出版社から本を出す場合は、
制作の失敗や売れない本は
2度とその出版社から依頼がきません。

9章 出版社にはじめて売り込んでも、
ほとんど相手にされません。
しかし、自分で作る電子書籍は
関係ありません。
ネットで時代ですから、
売れても誤字、脱字があれば購入者から
文句が出ます。

https://www.alrione.com/  alrione/熊崎高道



     ニューヨーク州立ファッション大学留学   
ハナエモリのプレタ部門チーフデザイナーを経て、   
大手アパレル2社でファッッションデザイナーなど   
経験して、独立アパレル会社とショップを開業して運営   
数社のアパレルとデザイナー契約。   
全国ファッションデザイナーコンテスト1位   
国際羊毛事務局主催デザインコンテスト金賞受賞。   
杉野服飾大学学長補佐・主任教授   
大学のパソコンの授業を指導   
HP作りで HTM、イラストレータ、フォトショップなどを指導   
電子書籍:服飾のわかる事典など15冊発売:大学30以上で使われています   
インターネットでは、電子書籍を販売していて、電子書籍上げが伸びてますが、   
大手売の会社と直接契約しています。 丸善雄末堂、kindle、apple、紀伊国屋書店など   
https://is.gd/3x1WZK :発行:日本実業出版社    
アパレルソーイング用語集https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー    
立体裁断と平面パターン:発行:チャネラー https://is.gd/SbrCNn    
基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー https://is.gd/5N4tM   
アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞    
https://is.gd/gIIjLY    
ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂    
https://is.gd/SF6fnM    
パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー    
https://is.gd/x8kZbl    
デジタルドローイン :発行:ローカス:協力:主婦の友    
https://is.gd/ML4CXH    
はじめてのお店づくり:発行:中央経済社    
https://is.gd/zh4sRT    
IT時代のショップ開業学:発行:チャネラー    
https://is.gd/aqIMeU    
ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞    
https://is.gd/3dkgbu    
企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞    
https://is.gd/dP6ySh    
店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞    
https://is.gd/IXOZLA    
ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友    
https://is.gd/oitZj0    
ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友    
https://is.gd/YcsD0Q    
ファッション電子書籍部門設立    
丸善雄松堂と契約    
デジタル機構、kindel、紀伊国屋書店などと契約    
以下は、 丸善雄松堂が運営する電子書籍部門で熊崎高道書が展開されています。    
電子書籍で大学の授業が進化しています。(ファッション電子書籍No1)    
文化学園大学(約15冊),慶応義塾大学 ,東京家政大,国際ファッション専門職大学など30校以上      
の大学で活用されています。
ワードプレスが使える優良サート5選

ラブライブ!コラボキャンペーン

ドメインバックオーダー

.tokyo

ロリポップ!

書誌情報の内容について

電子書籍の制作と書誌情報まで一貫して自分でやっています。

2013年に始まった、日本の電子書籍は日本の出版社で電子書籍が

作れる人が少なく手探りで始めました。

小説などの文字中心は、できる人もいましたが画像の多く入った

電子書籍は、できる人がほとんどいませんでした。

最初は、かなり大変な思いをしました。

自分で電子書籍を作って販売するしか方法がなかったのです。

意外と手間のかかる作業です

電子書籍を製作して、店舗に公開する為に

詳細な、電子書籍の内容をまとめて、販売運営先(kindelなど)

へデーターを送る必要があります。

自分の場合は、制作から販売先までのデーターを自分でやってい

ますので、大手の販売会社とやり取りする時は、かなり気を

つけて作業します。

一つの書誌情報を製作した場合、数社の取引先に送りますので

1箇所でも間違ったら、全取引先に連絡が必要です。

本に必要な情報のことをいいます。

タイトルで本でわかる場合もありますが、

本の中には、同じタイトルの本が存在することもあります。

同じ本でも,初版、第2版など版が異なれば

ページ数が違う場合もあります。

タイトルだけで本を特定することはできません。

紙の本は、委託販売ですので売れないと出版社に返送されます。

電子書籍はデータですので在庫はありません。

Web店舗での情報掲載の表示の方法

Web店舗で販売する際は、

書誌とは別に書籍を紹介するための情報の掲載が

重要となります。

Web店舗では、読者の目に入りやすい場所に

実際に本を置いておくということができないので、

Web上の本の説明文や目次、著者紹介などの情報が、

読者の読む・読まないの判断に直結します。

企画主旨や内容紹介、著者紹介、読者対象など、

誰に向けたどのような本なのかをしっかり記載して、

本を読むメリットを読者に伝えることが、

リアル店舗で流通させるとき以上に重要となります。

各Web店舗で本を分類する際に使われる

ジャンルコードやキーワードの登録も必須となります。

検索キーワードは、本の内容を正確に表し、

利用者が検索に使いそうな言葉を反映したキーワードを

設定する必要があります。
どんなキーワードが本の購入につながるかを考えてみましょう。

例えば、本連載を本にした場合に設定するキーワード

としては次のようなものが考えられます。
新規事業、広報・PR、ソーシャル、起業、販促、

ブランディングなどがあります。
本連載の目的は、こういったテーマについて

悩んだり考えたりしている方に、広報・PRとしての出版

について知っていただきたいというものなので、

それらに関連してくるワードを設定することになります。

この連載を、個人の本を作ること・文章を書くことが

好きな方に向けて企画していた場合は

まったく異なるキーワードになっていたと思います。

届けたい想定読者が求めている情報は何か、

どんなキーワードで本を探すかを読者目線で想像し、

キーワードを検討します。

リアル書店で紙の本を売る場合

書誌情報を登録した後は、読者に買ってもらえるよう、

書店に本を並べる必要があります。
リアル書店に並べる場合は、本を置いてもらえるよう

できれば目立つ場所に出版社や流通業者が

新しく発行される本を書店に売り込みます。

しかし、日々膨大な数の本が発売されているので、

ただ「新しい本ができました」といってPRしても、

なかなか店舗の本棚には並びません。

本のニーズを説明して、

その本が売れるということを強くアピールする必要があります。

流通や書店の担当の方にこの本なら売れると

思ってもらえて初めて、書店に本が並ぶのです。

書店に本を並べることができたとしても、

すべての本が売れるわけではありません。

出版社から書店への書籍の流通・販売方法には

「買い取り」と「委託販売」の2種類があります。

日本では書店のリスクを軽減して店舗にいろいろな本

(需要が少ない本)を並べる目的もあり、

多くの契約が委託販売となっています。
委託販売は、書店が本を買い取っているわけではないので、

売れ残った本は出版社に返品されてしまいます。

話は少し逸れますが、

書籍の返品率は約3割~4割と高く、

年々増えているといわれており、問題になっています。

Web店舗で紙の本・電子書籍を販売する時

紙の本をリアル書店に並べる必要があるのと同様に、

Web店舗で販売する際にも、

それぞれのWeb店舗に書籍を提供する必要があります。

Web店舗ごとの流通方法にしたがって、

必要な部数を倉庫に納品するといったことを行います。
電子書籍をWeb店舗で販売する場合には、

モノとしての書籍を送る必要はありません。

電子書籍リーダーに対応した電子書籍データを提供することで、

販売することができます。

なお、紙の本・電子書籍のどちらを

Web店舗で販売するとしても、

直接Web店舗に送るのではなく、

多くの出版社は流通(取次)会社を経由して販売しています。

Web店舗といってもかなりの数があり、

出版社が個別に対応することが難しかったり、

個別での納品に対応していなかったりする

Web書店も多くあるためです。

Web店舗上で読者と本が出会うには

いくつかの経路があります。

https://www.alrione.com/  alrione/熊崎高道

ある情報を求める読者がキーワードで検索してヒットする本、

これまで読んだ本の傾向からストア上でレコメンドされる本、

キャンペーン掲載されている本などです。

この出会いの経路上でそれぞれ販売につなげられるよう、

検索にヒットさせるための適切な検索ワードを登録したり、

Web店舗と調整してキャンペーン企画を行ったりします。
Web書店は本棚が無限にあるため

、目立つ場所に表示してもらうことは難しいですが、

キャンペーンページなど、できるだけ読者の目に留まるようなページに本を置いてもらう(表示してもらう)ための営業は必要です。

プログラミングとは

なんだか難しい画面に数字や英語が

並んでいてといった画面を持つ方が

多くいると思います。

物事の仕組みを順序立てて

組み立てることが中心です。

一般的には、プログラミングと言います。

プログラミングの考え方や、

学習によって論理的に物事を判断して

学習能力を向上することが、

プログラミング教育の最大の目的なのです。

来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール

実績多数!プログラミング・Webデザインスクール【インターネット・アカデミー】

ワードプレスが使える優良サート5選

ラブライブ!コラボキャンペーン

ドメインバックオーダー

.tokyo

ロリポップ!


https://www.alrione.com/  alrione/熊崎高道

posted by megu at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月11日

ワードプレスでブログ:WordPressが人気の理由は簡単な手方法でですぐにできます

WordPressでブログ始めたいんだけど:WordPressが人気の理由は簡単な手方法でですぐにできます。 WordPressは、HTMLやCSSがわからなくても、ドメインを購入し、レンタルサーバーの契約をおこなうだけで利用を始められます。また、サイト作成の手順もかんたんで、3時間もあれば、1つのサイトを作れることも人気が高い点です。 無料ブログと同程度でブログをができます。 無料ブログのはてなブログやアメバーブログなどの無料ブログと同じ方法で、ブログを作れます。画面では、文字を大きくしたり、ソースコードを入力したりと、サポートメニューも多くあります。
WordPressでブログの始め方、3つの手順
手順1:ドメインを決める
手順2:レンタルサーバーに申し込み
手順3:WordPressを繋ぎます
手順1:ドメインを決める
手順2:レンタルサーバーに申し込み 初心者は、お名前.ドットコムがお勧め
手順3:ドメインとサーバーにWordPresを繋ぎます

ワードプレスブログ:お勧め5選



お名前.com

Xserverビジネス


MuuMuu Domain!



ビジネスやマンガ、

小説などは
Kindleで出版は
簡単にできます。
自分も電子書籍を
発行していますが、
表紙は
イラストレータで
作れます。
文章は、
自分で見直します。
電子書籍
が販売できる
ところは
Kindle以外にも
iBooksなどが
あります 。
Amazonで出版する人が
一番多いです。
Kindleで電子書籍を
販売して印税で稼ぐが
王道です。
kindleで
Kindle unlimitedを
使って
無料で読んでもらい
分配収入で
稼ぐ方法まります。
Kindleのみで独占して
販売すれば
印税79 %に
なります。
自分は
画像が多く
専門書なので
全国の大学でも
かなり使われて
います。
電子書籍販売は
Kindle、iBook
紀伊國屋、楽天
Booklive、
丸善雄松堂、
など電子書籍の
販売会社は
大体全部契約
しています。
2013年から
日本の電子書籍に
画像が貼れる
電子書籍が
販売できる
ようになりました。
最初は、手探りで
はじめ
2013年頃は
出版社も
大手出版社が
中心で
凸版印刷が
bookliveのブランドで
はじめ電子書籍が
認知されるのに
数年かかりました。
急に売れ始めたのが
コロナでリモートが
はじまり売上げが
急伸しました。
日本の電子書籍の
はじまりです。
この時に
立ち会えて
嬉しく思っています。
いまでは
ファッションの大学から
一般の大学で
ファッションの
電子書籍が
使われています。
大学が購入する場合は
買う前に
審査があり
教授会などで
認められないと
大学が購入しません。
元々大学に
これだけ熊崎高道の
電子書籍が
入る事は
予定していません
でしたが
いまのところ
対抗する電子書籍は
ないようです
IT業界の転職は、プログラミング
  を学ぶことが重要です。

ファッションビジネス学会:文化学園大学主催:IT時代のファッションビジネス研究会: 代表者:

熊崎高道(ファッションビジネス学会:会員)

電子書籍で大学の授業が進化しています。(ファッション電子書籍No1)

文化学園大学(約12),慶応義塾大学 ,東京家政大,国際ファッション専門職大学,東洋大学,昭和女子大学,ノートルダム精心女子大学,西南学院大.香川大学,奈良女子大学,桜美林大学,東北生活文化大学,駒沢女子大学,徳島文理大学,金城学院大学,鶴見大,放送大学,玉川大学 ,帝京大学,名古屋工業大学 ,高知工科大学,京都女子大学、香蘭女子短期大学、安田女子大学、玉川大学、滋賀県立大学、京都市立芸術大学、活水女子大学、九州産業大学、大阪成蹊大学、神戸女子学院大学、羽衣国際大学、北海道大学、情報経営イノベーション専門大学、京都女子大学、など。

kindel(アマゾン)そのほか紀伊國屋書店、アップル、DMMなどで販売しています。

服飾がわかる事典
https://is.gd/3x1WZK
:発行:日本実業出版社
アパレルソーイング用語集

https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー
立体裁断と平面パターン:発行:チャネラー

https://is.gd/SbrCNn

基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー
https://is.gd/5N4tM2

アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞
https://is.gd/gIIjLY
ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂
https://is.gd/SF6fnM

パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー
https://is.gd/x8kZbl

デジタルドローイン:発行:ローカス:協力:主婦の友
https://is.gd/ML4CXH
はじめてのお店づくり:発行:中央経済社
https://is.gd/zh4sRT
IT
時代のショップ開業学:発行:チャネラー
https://is.gd/aqIMeU

ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞
https://is.gd/3dkgbu
企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞
https://is.gd/dP6ySh

店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞
https://is.gd/IXOZLA
ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友
https://is.gd/oitZj0

ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友
https://is.gd/YcsD0Q

  •  

posted by megu at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月07日

電子書籍の制作と販売を自分でやる方法:熊崎高道

ワードプレスが使える優良サート5選

ラブライブ!コラボキャンペーン

ドメインバックオーダー

.tokyo

ロリポップ!


書誌情報の内容について

電子書籍の制作と書誌情報まで一貫して自分でやっています。

2013年に始まった、日本の電子書籍は日本の出版社で電子書籍が

作れる人が少なく手探りで始めました。

小説などの文字中心は、できる人もいましたが画像の多く入った

電子書籍は、できる人がほとんどいませんでした。

最初は、かなり大変な思いをしました。

自分で電子書籍を作って販売するしか方法がなかったのです。



意外と手間のかかる作業です

電子書籍を製作して、店舗に公開する為に

詳細な、電子書籍の内容をまとめて、販売運営先(kindelなど)

へデーターを送る必要があります。

自分の場合は、制作から販売先までのデーターを自分でやってい

ますので、大手の販売会社とやり取りする時は、かなり気を

つけて作業します。

一つの書誌情報を製作した場合、数社の取引先に送りますので

1箇所でも間違ったら、全取引先に連絡が必要です。

本に必要な情報のことをいいます。

タイトルで本でわかる場合もありますが、

本の中には、同じタイトルの本が存在することもあります。

同じ本でも,初版、第2版など版が異なれば

ページ数が違う場合もあります。

タイトルだけで本を特定することはできません。

紙の本は、委託販売ですので売れないと出版社に返送されます。

電子書籍はデータですので在庫はありません。


Web店舗での情報掲載の表示の方法

Web店舗で販売する際は、

書誌とは別に書籍を紹介するための情報の掲載が

重要となります。

Web店舗では、読者の目に入りやすい場所に

実際に本を置いておくということができないので、

Web上の本の説明文や目次、著者紹介などの情報が、

読者の読む・読まないの判断に直結します。

企画主旨や内容紹介、著者紹介、読者対象など、

誰に向けたどのような本なのかをしっかり記載して、

本を読むメリットを読者に伝えることが、

リアル店舗で流通させるとき以上に重要となります。

各Web店舗で本を分類する際に使われる

ジャンルコードやキーワードの登録も必須となります。

検索キーワードは、本の内容を正確に表し、

利用者が検索に使いそうな言葉を反映したキーワードを

設定する必要があります。
どんなキーワードが本の購入につながるかを考えてみましょう。

例えば、本連載を本にした場合に設定するキーワード

としては次のようなものが考えられます。
新規事業、広報・PR、ソーシャル、起業、販促、

ブランディングなどがあります。
本連載の目的は、こういったテーマについて

悩んだり考えたりしている方に、広報・PRとしての出版

について知っていただきたいというものなので、

それらに関連してくるワードを設定することになります。

この連載を、個人の本を作ること・文章を書くことが

好きな方に向けて企画していた場合は

まったく異なるキーワードになっていたと思います。

届けたい想定読者が求めている情報は何か、

どんなキーワードで本を探すかを読者目線で想像し、

キーワードを検討します。


リアル書店で紙の本を売る場合

書誌情報を登録した後は、読者に買ってもらえるよう、

書店に本を並べる必要があります。
リアル書店に並べる場合は、本を置いてもらえるよう

できれば目立つ場所に出版社や流通業者が

新しく発行される本を書店に売り込みます。

しかし、日々膨大な数の本が発売されているので、

ただ「新しい本ができました」といってPRしても、

なかなか店舗の本棚には並びません。

本のニーズを説明して、

その本が売れるということを強くアピールする必要があります。

流通や書店の担当の方にこの本なら売れると

思ってもらえて初めて、書店に本が並ぶのです。

書店に本を並べることができたとしても、

すべての本が売れるわけではありません。

出版社から書店への書籍の流通・販売方法には

「買い取り」と「委託販売」の2種類があります。

日本では書店のリスクを軽減して店舗にいろいろな本

(需要が少ない本)を並べる目的もあり、

多くの契約が委託販売となっています。
委託販売は、書店が本を買い取っているわけではないので、

売れ残った本は出版社に返品されてしまいます。

話は少し逸れますが、

書籍の返品率は約3割~4割と高く、

年々増えているといわれており、問題になっています。


Web店舗で紙の本・電子書籍を販売する時

紙の本をリアル書店に並べる必要があるのと同様に、

Web店舗で販売する際にも、

それぞれのWeb店舗に書籍を提供する必要があります。

Web店舗ごとの流通方法にしたがって、

必要な部数を倉庫に納品するといったことを行います。
電子書籍をWeb店舗で販売する場合には、

モノとしての書籍を送る必要はありません。

電子書籍リーダーに対応した電子書籍データを提供することで、

販売することができます。

なお、紙の本・電子書籍のどちらを

Web店舗で販売するとしても、

直接Web店舗に送るのではなく、

多くの出版社は流通(取次)会社を経由して販売しています。

Web店舗といってもかなりの数があり、

出版社が個別に対応することが難しかったり、

個別での納品に対応していなかったりする

Web書店も多くあるためです。


Web店舗上で読者と本が出会うには

いくつかの経路があります。

ある情報を求める読者がキーワードで検索してヒットする本、

これまで読んだ本の傾向からストア上でレコメンドされる本、

キャンペーン掲載されている本などです。

この出会いの経路上でそれぞれ販売につなげられるよう、

検索にヒットさせるための適切な検索ワードを登録したり、

Web店舗と調整してキャンペーン企画を行ったりします。
Web書店は本棚が無限にあるため

、目立つ場所に表示してもらうことは難しいですが、

キャンペーンページなど、できるだけ読者の目に留まるようなページに本を置いてもらう(表示してもらう)ための営業は必要です。

プログラミングとは

なんだか難しい画面に数字や英語が

並んでいてといった画面を持つ方が

多くいると思います。

物事の仕組みを順序立てて

組み立てることが中心です。

一般的には、プログラミングと言います。

プログラミングの考え方や、

学習によって論理的に物事を判断して

学習能力を向上することが、

プログラミング教育の最大の目的なのです。

来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール

実績多数!プログラミング・Webデザインスクール【インターネット・アカデミー】

ワードプレスが使える優良サート5選

ラブライブ!コラボキャンペーン

ドメインバックオーダー

.tokyo

ロリポップ!

kindel(アマゾン)そのほか紀伊國屋書店、アップル、DMMなどで販売しています。

服飾がわかる事典
https://is.gd/3x1WZK
:発行:日本実業出版社
アパレルソーイング用語集

https://is.gd/xstGqv :発行:チャネラー
立体裁断と平面パターン:発行:チャネラー

https://is.gd/SbrCNn

基礎から学ぶシーイング:発行:チャネラー
https://is.gd/5N4tM2

アパレル素材とファッションデザイン:発行:繊研新聞
https://is.gd/gIIjLY
ファッションカラーとアパレルファッションデザイン画:アルリオーネ:協力:丸善雄松堂
https://is.gd/SF6fnM

パソコンで活用するファッションデザイン画 :発行:チャネラー
https://is.gd/x8kZbl

デジタルドローイン:発行:ローカス:協力:主婦の友
https://is.gd/ML4CXH
はじめてのお店づくり:発行:中央経済社
https://is.gd/zh4sRT
IT
時代のショップ開業学:発行:チャネラー
https://is.gd/aqIMeU

ファッションビジネスに役立つパソコン活用:発行:日本繊維新聞
https://is.gd/3dkgbu
企画力倍増パソコン活用術:発行:繊研新聞
https://is.gd/dP6ySh

店舗経営と販売技術 :発行:繊研新聞
https://is.gd/IXOZLA
ファッション業界のためのパソコン読本:発行:ローカス:協力:主婦の友
https://is.gd/oitZj0

ファッション業界のためのパソコン読本 改定版 :発行:ローカス:協力:主婦の友
https://is.gd/YcsD0Q

経歴 熊崎高道 

1、1974年ハナエモリプレタ部門入社:「チーフデザイナー」

 3、1986年・アパレル会社「港区白金台」と直営ショップ「目黒区下目黒」運営。

 4、経済産業省主催:東京コレクションに「takamicikumazakiブランド」で参加。「有楽町マリオン

 5、東京ファッション協議会正会員。 

6、ファッションビジネス学会「文化学園大学主催」。IT時代のファッションビジネス部会長

8、アントワープ王立芸術アカデミーデザイン科と杉野服飾大学熊崎ゼミとの交流。

 9、東京新人クリエーターズコレクション:審査員と「コムウェアNTT・熊崎高道ネット賞設立」、「アパレルアークNTT・熊崎高道ネット賞設立」

 10、制服デザイン:全国女性消防団制服一式、

112006年・JFW東京コレクション:「takamicikumazakiブランドで参加「国際フォーラム」。

12、2010年、ニューヨーク大手企業と契約:上海万博に招待される:JFW:東京コレクション見てニューヨークの会社にチーフファッションアドバイザーとして選ばれる。

電子書籍 熊崎高道書:丸善雄松堂、デジタル機構、凸版印刷と契約:その他、kindel、紀伊国屋書店など数社と契約。服飾がわかる事典発行:日本実業出版社など15冊。 

講演  

ニューヨーク州立ファッション工科大学、モスクワ国立繊維大学、サンクトペテルベルグ工科大学、サンクトペテルベルグ国際ファッションショーに参加。文化学園大学杉野服飾大学「国際フォーラム」

☆公式サイト:alrione.com

ドレメ"こと杉野学園ドレスメーカー学院(旧女学院)の出身者情報

https://fashion-guide.jp/trivia/doreme-graduate.html

FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)出身デザイナーが知りたい

https://fashion-guide.jp/trivia/fit-graduate.html

ハナエモリ/ひよしや出身の主な業界人/デザイナー情報

https://fashion-guide.jp/trivia/hanaemori-graduate.html

                •  

posted by megu at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする