2015年05月08日

電子書籍のつくる方法

*電子書籍のつくる方法−1
一度は、電子書籍をつくってみたいと思ったことがあるはずです。
一冊の本をつくるのは、簡単なことではありません。
はじめようとしても、なかなか作業を始められず
挫折することが一般的です。
創作意欲を持続させることが難しい。
*電子書籍のつくる方法−2
ハードウェアやソフトウェアの技術進歩によって変化していきます。
作り方が急に古くなってしまう。
*情報収集と分析が必要です。
電子書籍は、パソコン、スマートフォン、タブレット、携帯電話、専用端末などで
多様な方法で見られますが、常に活用方法が進化しています。
現在下記のサイトが参考になります。検索:熊崎高道:https://www.kinokuniya.co.jp/disp/CSfDispListPage_001.jsp?qs=true&ptk=03&q=%25E7%2586%258A%25E5%25B4%258E%25E9%25AB%2598%25E9%2581%2593&SF_FLG=1
電子書籍;熊崎高道著:アマゾン:Kindole、紀伊国屋BookWebPlus、BookLive、iBookstore、GALAPAGOS、NTTぷらら、楽天:コボ、シーディージャパン、セブンネットショッピング
http://www.alrione.com/ 左クリックで全部見られます。
熊崎高道
posted by megu at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

Webとの関連が、EPUBを電子書籍フォーマットの中心

Webとの関連が、EPUBを電子書籍フォーマットの中心にさせています。
*EPUBの仕様

Web標準であるHTMLやCSSをベース。

EPUB 3はHTML5やCSS3をベース。

HTML5やCSSが備えている機能はEPUBでそのまま利用可能です。

文中にCanvasで描いたグラフィックを入れられる。

Videoタグで動画をいれらます。

CSS3のアニメーションを使用することもできます。

*EPUBで電子書籍を作成

Webサイトを作成するのと同じようにHタグで見出しを書きます。

Pタグで本文を書き、CSSでレイアウトしてからZIPで圧縮します。

EPUBはWebは、Webのノウハウを使って電子書籍を作成することができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファッション街づくり:代表運営責任者、http://www.meguro-fashion.com/ 東京都目黒区目黒3-10-5 お問い合わせ先: e-mail:info@meguro-fashion.com/: tel03-3791-3632
*JFW:東京コレクション参加、元杉野服飾大学学長補佐・主任教授、、アパレル会社、ショップ運営などの経験からファッション専門書を書いています。
posted by megu at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

電子書籍の夜明け前に遭遇:熊崎高道

電子書籍の夜明け前に遭遇:熊崎高道

EPUB

端末やユーザーの設定方法に違います

小説や新聞、論文などのの書籍ではEPUBが向いています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PDF

ページ幅が固定

絵本や写真集、雑誌などが向いています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PDFが自炊で広まる

電子書籍は、始めのころはPDFが中心ででした。

本棚の本を、電子書籍化して棚を整理する事で

趣味の延長のような形で広がりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熊崎高道の電子書籍体験

自炊の方法を覚えて、電子書籍のデータを作成。

当時は、著者が自炊するのはなく他人の本を自炊するので

著作の問題があり、自分で楽しむのが中心でした。

自分は、著作の本がありましたが、世間で著作権が問題になり

出版社に数社問い合わせて確認作業に時間がかかりました。

最終的には、リアル本と電子書籍はまったく別の契約が

必要な事がわかりました。

2〜3年前の事で電子書籍に将来性が光が見ははじめてきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファッション街づくり:代表運営責任者、http://www.meguro-fashion.com/ 東京都目黒区目黒3-10-5 お問い合わせ先: e-mail:info@meguro-fashion.com/: tel03-3791-3632
*JFW:東京コレクション参加、元杉野服飾大学学長補佐・主任教授、、アパレル会社、ショップ運営などの経験からファッション専門書を書いています。
posted by megu at 07:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。